対象サービス:
全て
製品種別:
介護保険版『楽すけ』(親機)全て 支援子機版 クライアント版

介護保険版『楽すけ』のインターネット経由でのバージョンアップ手順を説明します。

インターネットを通じたバージョンアップは、「通常版(親機)」「クライアント機(ネットワークで繋がった子機)」「支援子機」で行うことができます。親機から先にバージョンアップをお願いいたします。

※ バージョンアップ作業の前に、バックアップデータを保存してください。操作手順は「データのバックアップ」をご覧ください。

① 楽すけを起動し、業務開始前の画面で「ヘルプデスクからのお知らせを確認する」のチェックボックスにチェックを入れてください。

② 「インターネットに接続します」のメッセージが表示されるので「はい」をクリックします。

③ 「バージョンアップの確認」メニューが現れるので、クリックしてください。

④ 【バージョンアップの確認】画面が表示されたら、「確認する」をクリックしてください。

⑤ 「更新プログラムがあります」のメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。
(インターネット通信でプログラムをダウンロードしているので、メッセージが出るまでにお時間がかかる場合があります。)

⑥ 「セットアップウィザードへようこそ」という画面が出たら、「次へ」をクリックしてください。

⑦ 「同意する」に●をつけ、「次へ」をクリックしてください。

⑧ インストールの確認画面で、「次へ」をクリックしてください。

※インストール手順の途中で、左の「ユーザーアカウント制御」画面が出たら、「はい」で進んでください。

⑨ 「インストールが完了しました」と表示されましたら、「閉じる」をクリックしてしてください。

楽すけを起動します。事業所選択メニュー左上のバージョン表記が最新のバージョン(Ver . . )となっていることを確認してください。

⑩ 初回の業務開始時に、「楽すけデータベース更新」画面が表示される場合があります。「更新」をクリックしてください。

「データベースのバージョンアップに成功しました」と表示されましたら、バージョンアップ完了です。
クライアント機の場合は、親機で先に「データベース更新」を行っている場合 、⑩の画面は表示されません。

※データベース更新が完了するまでお時間がかかる場合があります。メッセージが出るまでお待ちください。

お客さまの疑問は解決しましたか? はい いいえ