対象サービス:
居宅介護支援 / 介護予防支援 / 介護予防ケアマネジメント
製品種別:
支援事業者版 支援子機版 クライアント版

ここでは、「居宅サービス計画書(1)」の入力方法を説明します。

1. 入力項目説明

項目 説明
(A) 管理番号 「被保険者一覧」をクリック、または管理番号を直接入力して利用者を選択します。
(B) 作成日 介護保険更新の際は介護 認定開始日に合わせます。
(C) 印刷日 作成年月日として印刷されます。
(D) 居宅サービス計画作成者氏名 被保険者設定で登録したケアマネが初期表示されます。
(E) 居宅サービス計画作成(変更)日 居宅サービス計画作成(変更)日を入力します。
(F) 初回居宅サービス計画作成日 初回居宅サービス計画作成日を入力します。
(G) 初回 / 紹介 / 継続 今回のサービス計画書の状況をチェックします。
(H) 認定済 / 申請中 要介護状態区分の認定有無についてチェックします。
(I) フォントサイズ 画面と帳票のフォントサイズを選択します。( 9pt または12pt )
(J) 利用者及び家族の生活に対する意向 9pt の場合 9 行迄、 12pt の場合 7 行迄入力可能です。
(K) 介護認定審査会の意見及びサービスの種類の指定 9pt の場合 7 行迄、12pt の場合 6 行迄入力可能です。
(L) 総合的な援助方針 9pt の場合 9 行迄、 12pt の場合 7 行迄入力可能です。
(M) 生活援助中心型の算定理由 「3. その他」を選択時、理由を入力できます。
(N) 内容の同意欄を表示する 内容の同意欄を帳票に印刷したい場合、チェックします。
(O) 小規模多機能型計画書 帳票タイトルを“小規模多機能型居宅介護計画書(1)”として印刷したい場合、チェックします。

2. 入力方法

① 「被保険者一覧」から利用者を選択、または管理番号を直接入力します。
※過去に作成している場合は、最新の作成日の内容が表示されます 。

② [作成日] を入力します。
▼をクリックしてカレンダーから日付を選択するか、直接日付を入力します。
▲▼をクリックすると、既に作成されている作成日の内容が表示されます。

テンプレート機能、複写(コピー)機能の使い方は以下の記事をご参照ください。
各種文書作成の便利な機能 ①テンプレート機能
各種文書作成の便利な機能 ②複写機能

③ 各項目を編集後、「登録」をクリックします。

3. 訂正と削除

◆訂正したい場合◆
訂正内容を入力後、「登録」をクリックします。

◆削除したい場合◆
「削除」をクリックします。
確認メッセージが表示されますので、「はい」をクリックします。

【注意!】「削除」をすると、連動している居宅サービス計画書( 2 )も同時に削除されます。

お客さまの疑問は解決しましたか? はい いいえ