対象サービス:
居宅介護支援 / 介護予防支援 / 介護予防ケアマネジメント
製品種別:
支援事業者版 支援子機版 クライアント版

ここでは、介護予防支援サービスの帳票をExcelに出力する手順を説明します。
ここでは、利用者基本情報を例にご説明いたしますが、他帳票も同様の手順です。

以下の帳票のデータ出力・編集・印刷には Microsoft Excel が必要です。

・ 利用者基本情報
・ 基本チェックリスト
・ 介護予防サービス・支援計画表
・ 介護予防支援・サービス評価表
・ 介護予防支援経過記録

1. 利用者基本情報の出力

① 対象年月を入力します。

② 出力する条件を指定できます。
各項目をクリックして レをつけます。

□ 日常生活支援総合事業対応
介護予防ケアマネジメントにも対応した様式を出力する。

□ 非表示の人も一覧に表示する
被保険者設定で非表示登録している利用者も対象にする。

□ 同一ファイル名は上書きする
保存先にすでに同一名称のファイルが存在する場合、今回作成するファイルに置き換える。

□ 出力後にフォルダを開く
出力直後に保存先のフォルダを自動で開く。

③「一覧表示」をクリックすると、対象の利用者が表示されます。

④ 出力しない利用者は、出力をクリックしてレをはずします。

※出力設定反転をクリックすると、出力のレを全員一度に外すことができます。出力したい利用者にのみレを入れてください。

⑤「出力」をクリックします。
⑥【フォルダーの参照画面】が開きます。

◆デスクトップ上に直接ファイルを出力する場合◆
デスクトップを選択し、「OK」をクリックします。

⑦デスクトップ上に下左図のような Excel のファイルが保存されます。

保存先に同一名称のファイルがあると「出力に失敗しました」というメッセージが表示され、出力できません。

2. 指定したフォルダ内に出力

新規フォルダをつくりその中に出力することもできます。

(例)デスクトップ上に「利用者基本情報」というフォルダを作成し、その中にファイルを出力する場合

①【フォルダーの参照画面】
「新しいフォルダーの作成」をクリックします。「新しいフォルダー」が作成されます。

② 右クリックして「名前の変更」を選択し、名前を入力して「OK」をクリックします。

お客さまの疑問は解決しましたか? はい いいえ