対象サービス:
障害福祉サービス
製品種別:
障がい者総合支援版

ここでは、障がい者総合支援版『楽すけ』のバックアップデータを保存する手順を説明します。

“バックアップ”とは
データのコピー(複製)をあらかじめ作成し、パソコンの破損等の問題が起きてもデータを復元できるように備えておくことです。

万が一パソコン本体が破損した場合に備え、バックアップは外部の記憶媒体(USBメモリ等)に保存することをお勧めします!

1. パソコン本体にバックアップデータを保存する場合(初期設定)

『楽すけ』を閉じていくと、最後に左の【データ保守】画面が表示されます。

「バックアップ」に●が入っている状態で「実行」をクリックすると、バックアップデータが保存されます。

※ 初期設定ではパソコン本体(Cドライブ)に保存されます。

2. 外部の記憶媒体( USB メモリ等)にバックアップデータを保存する場合

【データ保守】画面を開く前に、USBメモリをパソコンに挿入します。

① ▼をクリックして、 USB メモリに対応したドライブに変更します。
※ 画像では「 e: 」と表示されていますが、USBメモリがどのアルファベットで表示されるかは、パソコン環境によって異なります。

②「実行」をクリックします。

お客さまの疑問は解決しましたか? はい いいえ