対象サービス:
障害福祉サービス
製品種別:
障がい者総合支援版

月次作成の実績をもとに、請求データの作成を行う手順を説明します。
ここでは、当月分のほかに、月遅れの請求がある場合について説明します。

以下の操作は、動画でもご覧いただけます。操作解説動画はこちら

Ⅰ.当月と過去月の締日作成

(例)平成25年1月に「平成24年12月分」と月遅れ「11月分」の請求を行う場合

1.当月分の締日作成をします

【一括処理】画面
① 締日作成 をクリックします。

② サービス提供年月を選択します。
ここでは当月分 12月を選択します。

③ 「過去月を請求済みにする」にチェックを入れ、「実行」をクリックします。
「締日作成結果表」のプレビュー画面が開きますので、内容を確認して画面を閉じます。

《ご注意!!》締日作成結果票にエラーが表示されている場合は、エラー内容を訂正後、再度「締日作成」をやり直してください。

2.月遅れ請求対象の利用者を選択し、過去月分の締日作成をします

④ 続いて「請求処理」をクリックします。

【請求処理】画面
⑤「利用者の選択」をクリックして、月遅れ請求対象の利用者を選択します。

⑥ 月遅れ請求月の行(提供年月11月)をクリックして選択(青く反転)します。

⑦「締日作成」をクリックします。

⑧ サービス提供月を月遅れ請求月(11月)に変更し 、「実行」をクリックします。

参考:請求処理画面

請求処理画面に戻り、月遅れ請求月も請求の項目が「未請求」になっていることを確認します。

※「未請求」となっている利用者が、請求データとして作成されます。

Ⅱ.伝送CSV作成

【一括処理】画面
⑨ 上記作業後、「伝送 CSV 作成」をクリックします。

【年月設定】画面
⑩ サービス提供年月を選択します。
※ 「12月分」と月遅れ「11月分」の請求ですが、12月に設定します。

⑪ 提出日に本日の日付を入力し「実行」をクリックします。指定された保存先に、12月分と11月分の請求データがそれぞれ保存されます。

《ご注意!!》「伝送CSVチェック表」にエラーが表示されている場合は、台帳登録・月次作成の入力情報を訂正後、再度「締日作成」からやり直してください。

操作解説動画

お客さまの疑問は解決しましたか? はい いいえ